月と星、僕と君

Posted on 2017/09/08 金曜日 at 11:06 PM

ミリオンヒットした【夏の日の1993】で有名な元class日浦孝則さんが
デビュー30周年記念のツアーライブ東北最終日に
喫茶ブラックホールで演奏して下さいました!

夏の終わりを思わせるような爽やかで切ない歌声の日浦さんは
お茶目なMCで会場を和ませてくれるユーモアにあふれた方でした(*´ω`*)
夢のような濃厚なひと時はあっという間に過ぎてしまいましたね!

長い人生を大きな鯨に例えた【人生は鯨のようなもの】という曲で
ご自身のキャリアについて語って下さった日浦さん。

迷ったり寄り道したりする事は”大切な遠回り”
ゆっくりでも諦めないで進めばいい。
過去の経験は生かされている。

とても励まされる歌詞で、ママは感銘を受けていました。

また会津に来てくださる事を願ってお客様と歌った
【また会えたね】という曲に、心が温まりました。
なんとアンコール3回☆(笑

素晴らしい演奏を聴かせて下さった日浦孝則さん、
シンセサイザーのシゲちゃん、前座を務めてくださったルカさん、
当店をご紹介して下さった青柳さん、
そして遠くまでご足労下さったお客様方、本当にありがとうございました!

喫茶ブラックホール

コメントをどうぞ